1リットルの涙~特別編~

ストーリーがわかっているんだけど、やっぱり泣けた~。。

ほとんどが今までのダイジェストだったんだけど、新鮮な気持ちで見れました。

悲しいとか泣けるドラマだとか言われているけど、それだけじゃないですよね。

病気になった本人とその家族を元気づける意味ももってると思うんです。

最後まで諦めず精一杯、今を生きて欲しい・・・というメッセージも聞こえてきます。

そして、このドラマを見ると毎回思い出してしまうんですよね。。

今夜も思い出してしまいました・・・。

以下、個人的なことです。










私の家にも家族みんなで闘った足跡があります。

車椅子。あいうえおの文字盤。医療用のベッド。吸引機。笑顔の写真。

たまに何かの拍子に、それを目にするたびに思い出されます。

でも全然悲しい思い出ではないんです。家族みんなで一つになって頑張ったよね・・・って微笑ましく感じます。

本当に、みんな必死だった。
病気になった本人も頑張ったし、周りで支える家族も、常に悔いの無い最善の方法を考えながら一日一日を過ごしました。

だから最期の時も悲しくて泣き崩れる・・・っていうこともなく、よく頑張ったね。ありがとう。
って声をかけることができました。

なかなか家族みんなで一丸となることってないですよね。

とても貴重な10年間でした。

それに、いつも元気に明るくしていることが出来た。

病気を受け入れるまではかなり時間がかかったけど、どんな力を持っても、もう治る見込みがないんだ・・・と事実を突きつけられてからは、残りの人生は悔いの無いように楽しく過ごそう。って思うようになりました。
泣いても笑っても、残された時間は限られているからね。

本人が悲しむ暇がないように・・・いつも前向きに毎日を過ごせるように、明るくて笑い声がたえないようにしていたんですが
今思うと、それは本人の為じゃなくて私自身の為だったのかもしれないです。

ちょっと気を許すと、ついつい弱気になってしまって泣けてしまうんですよね。

そうすると、いくら隠しても病人に伝わってしまって・・・良くないんです。

私自身とても弱い人間なんだけど、病人の前では自然と強くいることが出来ました。

周りの人にもいっぱい助けてもらいましたし、つくづく人間って一人で生きていないんだな
って実感しながらの生活でした。

そして直人にも、いっぱい元気を貰いました。

「気分転換に直人」・・・これ最高に効き目ありました(笑)

心のバランスが崩れそうな時に直人は大活躍でした♪

映像を見てドキドキしたり、歌がジーンと心に染みたりして癒されるんですよね。

だから本当に直人にはお世話になりっぱなしで・・・(笑)

恩返し・・・っていうのは出来ないけど、ずっとファンでいることは出来そうです。

今夜の水野先生もステキでした♪

直人~!これからも元気をいっぱい頂戴ね!
そしていっぱい癒してね。。

お願いします。
[PR]
by nussy3 | 2007-04-06 01:56 | 1リットルの涙 | Comments(0)