1リットルの涙(第2話)

またまた水野先生のナレーションから始まりましたね~!
(さすが特別出演!)

今夜も、とっても真面目で真剣な先生で素敵でした。

水野先生を目当てで見ているはずなんだけど、今日はすっかり忘れてました。
ストーリーにはまって見てたみたいです。
途中で水野先生が登場した時に「あっ、直人くんも出てたんだ」ってな状態(汗)

初回はウルウルだったのに、今夜は涙ポロポロでした。

やっぱり母親役の薬師丸さんには泣かされましたよ~。
本当に亜也ちゃんのお母さんになってるみたいで・・・辛い気持ちが伝わってきました。

病名を告げられても信じたくない気持ちって痛いほどわかります。

私も母の病気で、(病名は違いますが)同じように言われた時はとても受け入れられなかった経験があります。
こんなに医学が発達しているのに、治らないなんて信じられない!って、あちこち病院を変えたものでした。
絶対治る!治らない訳がない!って、先生の言うことを聞かなかったんです。

でも、いろいろ調べたり患者さんの話を聞いていくうちに、本当に治らないんだ・・・って最終的に受け入れる時は、とても辛かったです。
でも母の前では悲しい顔は出来ないので、いつも笑顔でいるようにしてました。

そこらへんの心の葛藤が同じように表現されてて、病気になって大変なのは本人なんだけど家族も同じように辛いんだって良く伝わってきました。
みんな同じなんですよね。

でも、かえって受け入れてからは肝もすわって、強い気持ちになれたので良かったです。
どの様に病気と向き合ったらいいのか・・・せめて残りの人生は悔いなく過ごしたい・・・とか
そっちの方に重点をおいて、前向きに生きていけました。

そう言う意味では、このドラマを見るのは辛いけど自分より、もっと大変な経験をしている人がいたと知ることで、励みになる部分もあるので見続けたいと思います。

重い内容のドラマを見て、重い感想になってしまいました・・・やっぱり(汗)
[PR]
by nussy3 | 2005-10-18 23:40 | 1リットルの涙 | Comments(4)

1リットルの涙(初回)

思ったより、ヒロシ先生いっぱい登場してたね~!

いきなり、こんな感想でいいのでしょうか?(汗)
もっと登場時間が短いと思ってたので、ちょっと嬉しいです。
この調子でいけば、かなりの登場回数があるのかもしれないですね~。
密かに期待度UP!!

内容が重いだけに、変なことは書けないんだけど・・・藤木ファンの目線から見たドラマってことでご了承下さい。

内容はかなり重いんですが、登場人物が明るいキャラなので見やすいですよね。
家族思いの明るいお父さんと、しっかりした母親に育てられた亜也ちゃん。
亜也ちゃんも、しっかりしてて優しい女の子みたいですね。

まだ原作を読んでないので、実際の人物とまったく同じ性格なのかは分からないけど、このドラマを見ただけでの感想だと・・・
亜也ちゃんだからこそ、この病気と闘えたのかも・・・と思ったんです。

すごく自分の考えを持っていて、しっかりした女の子みたいですよね。
それに考え方も大人だし、冷静に色んなことを考えれてすごいと思います。

私達も生きていると、色んな壁にぶつかりますよね。
何かで聞いたことがあるけど、どんなに困難な壁でもその人が乗り越えられる力があるからこそ与えらるのだと聞きました。
(困難に立ち向かってる人を勇気づける為の言葉かもしれないですけど・・・)

まだ若いのに大変な病気になって可愛そうな反面、これだけの困難な壁を与えられたってことは、普通の人よりも遥かに強い精神力と優しい心を持っている証拠なんじゃないのかな?って思えるんです。

そして、亜也ちゃんを支える家族も、とても素晴らしい人達なんだろうと感じました。
薬師丸さんが演じてる母親にも、強さと優しさを感じました。
かなりジーンとしてしまってます。
来週も楽しみです!
[PR]
by nussy3 | 2005-10-12 02:32 | 1リットルの涙 | Comments(2)