ぶちょお~!ホタルちゃん~!ありがとう。。

今年の夏は3年ぶりに楽しかったです!


もう今は感無量で何も言葉がありません。。

そして・・・涙が止まりません。


ホタルがぶちょおにエレベーターの中で言いましたよね。

「私もぶちょおのこと愛してる。これから先もずっと愛してる。」

このあたりからヤバかった・・・(涙)

もう、涙なのか心の汗なのか、ラストまでずっと垂れ流し状態でした。


ホタル、ありがとう~!ぶちょおのことを愛してるって言ってくれてありがとう~!って・・・。

ぶちょおの幸せそうな顔が見れて本当に良かった。

ホタル~!これからもずっと頼むぞ~ってウルウル。。

「私もぶちょおの縁側になりたい」ってセリフも良かったよね~。

出来れば私だって・・・ぶちょおの縁側になりたいさ~。

でも!ぶちょおはホタルがいいんだよね?ホタルじゃなきゃダメなんだよね?(涙)

そしたら、この想いをホタルに託すしかないもんね。

ぶちょおを幸せにして欲しい。

もう二度と悲しませることはしないで欲しい。

おじいちゃん、おばあちゃんになるまでバカップルでいて欲しい。

そしてゴロゴロして救急車で運ばれるんだっけ?(笑)

そんな最期でもいい。。

ホタルに看取られて、幸せだった・・・って思える人生であって欲しい。



架空の人物であるぶちょおなのに、こんなに思い入れが強くていいのでしょうか?(笑)

ぶちょおとホタルちゃん・・・末永くお幸せにね♪



それにしても、いろいろ最終回は慌しかったよね~。

台湾へ行くか、NYに行くか?どっち?!って煽るだけ煽って、ややこしくさせてたけど

3ヵ月後にぶちょおが帰ってきたシーンは省略ですか?(笑)

いつの間にか帰っててビックリ!

ココ一番大事なところなのにね。



でもでも、最後のシーンが縁側で良かった~!

そして野獣も戻ってきたみたいだし、「ホタル」「誠一さん」になってたし(笑)

めでたしめでたし。。

あとは・・・婚姻届は次の日に出したのか。これ気になります(笑)
[PR]
# by nussy3 | 2010-09-16 05:42 | ホタルのヒカリ2 | Comments(4)

目が覚めた!

イズムのゲストは春馬くんでした。

目がキラキラしていて、凛としていました。

隣りのお兄さんも、いい目をしていますけどね(笑)

最後のビリヤードの2ショットはカッコ良かったですね~。

できればもう少し直人さんのプレイを見てみたかったなって思いました。


ところで・・・

さっき、夢をみました。
[PR]
# by nussy3 | 2010-09-13 05:11 | Comments(4)

ぶちょおぉぉ~~~!!!

ついて行きますとも!

是非とも!!

よろこんで~~♪



あぁ・・・ぶちょお・・・なんて良い男なんでしょう。。

ぶちょおと・・・いいえ!誠一さんと一緒に台湾に行きたいです~。(byぬっしー)

ホタルはどうするの?

ついていく?それとも日本で待つ?

どんなことがあっても変わらぬ関係を信じて待つ?(byふたちゃん)←あなた、ちょくちょく良いこと言うよね~最近(笑)


なんか、10話良かったな~。

ぶちょおとホタルの掛け合いも、バカップルぶりも(笑)どれを見てもほのぼのしました。

大人のホタルさんになってチュ~しまくったり、新聞紙を掛けて寝ているホタルに「ホタル、ホタル」って優しく囁くぶちょお。。

最後の流しそうめんだって定番のオチなんだけど最高に笑えた。

今までは、ちょっと強引に笑わせようとしてた部分もあったけど今回は全部が無理なく自然に楽しめました。



そして盆太郎さんの登場も、想像していた以上に良かった~。

ぶちょおがホタルを広い心で受け止められるのは、自由奔放な父親をもっていたからなんですね。

そして、そんな父親をちゃんと受け止めていると言うぶちょお。

本当は大好きなんですよね。

「~だもん」も父親ゆずりだし(笑)

約束をすっぽかされたり、うっかり忘れられたり・・・盆太郎さんとホタルは似ていますよね。

悪いところも多いだろうけど、それ以上に愛すべきところがいっぱいある。

自分にはない魅了をたくさん持ってる二人。そう思っているのかも。


盆太郎さんの口から出てくる言葉は素敵な言葉が多かったですよね。

「好きな人がいるってだけで幸せだなって。」

「好きっていう思いは人に大きな力をくれるからね。」

一言一言が深いよね~。

ホタルに対して、どのセリフも優しさに溢れていました。


でもでも!ホタルが結婚相手だとわかった時の名演技(笑)これは酷かったね~!

ホタルちゃん・・・(ウォエ~)

ホタル・・・(ウォエ~)

ホタ・・・(ウォエ~)

ホ・・・(ウォエ~)



石坂さんの、こんな演技が見れるとは!(笑)

いいものを拝見させて頂きました。


あっ!いいものと言えば・・・

髭剃りシーン。。

これはレアでしたね~。


あまりにもレア過ぎて、あのシーンのセリフがまったく耳に入って来なかったですよ(笑)

何度見ても髭剃りに気を取られて、「おっと!今何言ってたっけ?」の繰り返し。

何度目かで、かなり重要なセリフだったのを知り、またビックリ。。

ぶちょお・・・ひとりぼっちで淋しかったでしょうね。

てか、ぶちょお一人っ子?

盆太郎さんだけが唯一、血の繋がった人なのね。。

ホタルと幸せな家庭を築いて欲しいなって、しみじみ思ってしまいました。



「もう夏も終わりだな」

ぶちょおにそう言われて、本当に淋しくなってしまいました(涙)

来週で、楽しかった夏が終わってしまうんですね。。

今からすでに泣きそうです。


最終回・・・ホタヒカワールド全開でお願い致します。

「今年の夏は楽しかった」って心から言えるラストをお待ちしています。
[PR]
# by nussy3 | 2010-09-10 05:07 | ホタルのヒカリ2 | Comments(2)

ホタルです、誠一です。

ぶちょお・・・ほ~んとにホタルのことが好きなんですね。

もう、ホタルへの愛が溢れてますよ!

見てるこっちが嫉妬するほど。。(笑)


107万円の指輪をひとりぼっちで買ってる部長を想像しただけでジーンときました。

家の前で、瀬乃とホタルが会話していたのは全部見ていたのでしょうか?

その直後のチュ~!

待ちに待ったチュ~!!(笑)

ホタルノヒカリらしく、爽やかなチュ~でした。

予告の、ホタルからのチュ~もキュートで可愛らしかったね。

受け身のチュ~もいいかも!唇も受け身だし(笑)


それにしても・・・高野誠一。

ホタルの全てを受け入れる懐の広さは半端ないです!

並みの懐の広さじゃないです!



今回リピートしまくってるところは、手紙を読んでる表情。

「はぁ~?」の心の声と表情・・・可笑しいですよね。

その後、あまりにも呆れてコーヒーを飲みながら気持ちを落ち着かせようとしている表情。

これ最高に上手かったです!

「何書いてるんだ、この女!」という表情そのものでした(笑)

でも、どんどん文章を追っていくうちに穏やかな顔になり笑顔になり

愛が溢れた顔になっていました。

そして家に帰り、冷蔵庫のビールチェックしたりテーブルの赤い線を見る愛しそうな目。

もう~、なんなんでしょうね!(笑)

どんだけホタルのことが好きなのさ~♪ってテレビの前でツッコミまくりですよ!




ホタルなんて瀬乃にチュ~されたら好きになるかも・・・とか言ってましたよ。。

こんなに一途な婚約者がいるのに、ホタルったら危なっかしいな~。



でもホタルから「もう、どこにも行かないで」って言葉を聞いたとき、ちょっとウルっときました。

今後、絶対にぶちょおを泣かせるようなことはしないでね!


その後、「俺は一生君の縁側になる」発言!

そして・・・「ただいま、ホタル(ニコっ)」

もうもうもう!デレデレやん!!(笑)



大丈夫~?ぶちょお??
[PR]
# by nussy3 | 2010-09-02 04:51 | ホタルのヒカリ2 | Comments(0)

暑い夜

大変おひさしぶりです!




元気です。




生きています。。



いやいやいや・・・それにしても今年は暑いですね~。

この北の国でも連日30℃を越す日が続いています。

もう毎日汗だくです。

お店の中は冷房を効かせているのですが、火を使うと一気に店内の温度が上昇してしまい
お客さんは汗をかきながらビールを飲んでいます。

オープンキッチンなもんでお客さまにダイレクトに熱が伝わっているようです。。

「もっと冷房の温度下げろ~!」とか言われますが
設定温度は19℃になっておりますけど・・・お客様。。

冷やす力より発熱の方が上回っている我が店でありんす。

大変申し訳ございません。。

そんな中、うちら夫婦は首の後ろに「冷えピタ」を貼って日夜暑さ対策をして働いています。

(お客さんにも「冷えピタ」貼ってあげた方がいいのかな?笑)


そんな灼熱地獄のお店から仕事が終わり自宅に帰るのが午前2時~3時頃なのですが

クーラーの無いぬっしーの部屋は真夜中なのに34℃の、これまた熱気ムンムンな状態で私を待ち受けているのです。

とりあえず扇風機を回してみるのですが、あつい空気がただ彷徨っているだけの状態でして

窓を全開にしてもあまり変化がなく、そんな部屋の中で「ホタヒカ2」をリピートしながら眠る日々が続いています。

すでに第七話まで進んでいるストーリーですが、相変わらず「チュ~」のひとつもしないぶちょお。。

が、しかし!!

その行動とは裏腹に、ぶちょおの口から発せられる言葉のなんと過激なこと!(笑)

「ぶちょおって・・・夜はすっごいんですね」って思って欲しいんかいっ?!

それとも、その部分は「ホタヒカ」のクリーンなイメージを壊しかねないので、視聴者の各自脳内で妄想のほど宜しくお願い致します。ってか?

小説でいう行間を読むのと等しい扱いなのかな?(ぶちょおのエロ)

ま、そんなぶちょおの過激で激しい言葉攻めに悶々としながら夜が明けていくのも乙なもの。。

そう思いながら、真夜中のホタヒカ鑑賞をしています。

「この唇、俺のものにしていいか?奪ってもいいか?」の時は必ず「奪って!奪って!!」と連呼しているぬっしーです。

時々、脳内でむりやり奪ってもらったりして(笑)

いろんなものを明確に見せられるより、ほんのり暈かして
その先はご想像にお任せ致します。って方が想像力豊かな私達には(←達ってだれ?)
より過激なぶちょおの夜を堪能できるのかも。。


いや~、ひさびさに登場して「ぶちょおのエロ」しか語ってないよ(笑)
[PR]
# by nussy3 | 2010-08-23 02:28 | ホタルのヒカリ2 | Comments(0)

祝☆38歳

おめでとうございました~!(過去形になっちゃったけど!汗)

38さい。。

ますます磨きのかかったイイ男になりますように!

今日は暑い熱い一日でした。

私達の直人さんへの熱い気持ちと同じように(笑)今年一番!とも言われる気温の上昇ぶりでした。

今年一番と言うより、ぶちょおが一番!

いや・・・直人さんが一番!

これからも静かに熱く応援していきますね。


ちなみに、ゆうべは夢に直人さん登場!

とっても優しい笑顔をしていました。

何か会話をしたような気がするんだけど、まったく思い出せず(汗)

でも目覚めた時、すごく穏やかな気分でした。



今年も直人さんにとって幸せな充実した一年になりますように。。
[PR]
# by nussy3 | 2010-07-20 03:31 | Comments(0)

ビバ!ぶちょお

ミュージシャン11周年を祝いながら・・・「ホタルノヒカリ」を見る(笑)

なんともアンバランスな7月7日でしたが、どちらも頑張ってる直人さんの
ファン冥利につきる一日でした。

いや~、それにしてもホタルちゃんとぶちょお!

一発目からやってくれるじゃないですか!(笑)

面白かった~。。笑った~~。

それなのに時々、ほろっと涙が出そうな・・・。

あの、縁側でのぶちょおの後ろ姿!サンバな後ろ姿!

あれは泣ける~!!

あれほど淋しい後ろ姿を果たして見たことがあっただろうか!?

華やかであれば華やかなほど、哀愁は増すんですね。

背中で泣かせるなんて、くっぅ~~。。さすが俳優!!


それにしても、ぶちょおがホタルちゃんを見るときの目って毎回いいんですよね。

冷たかったり、温かかったり・・・っていう言葉では言い表せないような表情豊かな演技。

と~っても上手ですよね。


最後の方にホタルちゃんが「踊らないとチューしますよ」っていうのに対して、
「じゃあ、踊らない」と言う時の表情。

コレ、何度もリピートしてしまいましたが(笑)

この言い方って本当にヤバイですよね!

その後、獲物を捕らえたような目つきに変化していって

何度見てもキャーってなります(笑)


でもって、そのあとに「やっぱ踊ろう!せっかくだし」と明るく言うぶちょお♪

この「せっかくだし!」がまた可笑しくてね~。。

ホタルちゃんと一緒に「ぶちょお~!ぶちょお~~!!」ってテレビの前で連呼ですよ(笑)



期待を裏切らない第1話に拍手~。
[PR]
# by nussy3 | 2010-07-11 03:36 | ホタルのヒカリ2 | Comments(2)

祝☆11周年

またしても・・・

ワンテンポ遅れぎみの登場ですが

直人さん、CDデビュー11周年おめでとうございます!!

すっかりご無沙汰ぎみのブログ更新となっていますが、今夜はお祝いコメントを書かずにはいられないでしょう~!
ということで登場しました。


9年前・・・俳優、藤木直人と出会い夢のような日々を過ごしていた私を

更なる楽園へ導いていったミュージシャン藤木直人。。

この時間差ダブル攻撃のせいで(笑)、私はどんどん深みにハマってしまったのでした。

きっと俳優のお仕事だけだったら、こんなに深く堕ちることはなかったのかもしれません。

ミュージシャンの直人さんを知ってしまってからは、じっと家で待つだけの女ではいられなくなったのです。

知らない土地だろうが、乗ったことがない電車だろうが、なんの迷いもなく直人さんに逢う為に飛び出していけました。

自分がこんなに行動できる人だとは思ってなかったので自分自身に驚きながら(笑)

北から南まで本当にたくさんの場所に行くことができました。

私の中では、とても貴重な大切な時間となっています。

あんなに熱く激しく真剣に直人さんを好きになって・・・自分でも笑えるほど。。(笑)

家族や仕事もちょっと(?)犠牲にしつつ、お金もたっぷり使いましたが
今振り返ってみても悔いはないです。


今は、あの頃とは自分の置かれている状況が変わってしまったので、自由に行動できなくなってしまいましたが、

ファンになってからの楽しい思い出を胸に・・・たとえ直人さんに会えなくても、なんとか耐えていけそうです。

(秋のFCイベはやっぱり参加は無理そうです。。)

でもまた時が経ち、直人さんがステージで待っていてくれたら、きっとまた逢える時がくると信じています。

だから直人さん、これからもずっとミュージシャンを続けて下さいね!


それが今の願いです。。





日付は変わってしまいましたが、祝杯をあげながら・・・
e0004361_4275079.jpg

ちょっと画像が暗いかな?


このお酒は頂き物なんですが、とても貴重なお酒なんです。

何かの記念日に飲もうと思って冷蔵庫で眠らせていました。

直人さんの誕生日に・・・と思っていましたが、やはり待ちきれず(笑)

本日、祝杯とさせて頂きました。

とても香りがよく喉ごしのよい美味しいお酒です。
[PR]
# by nussy3 | 2010-07-08 04:23 | Comments(2)

心が痛い

連日、ニュースでも取り上げられている宮崎の口蹄疫。

かれこれ1ヶ月が過ぎています。

発生してからの悲惨な状況を知りながら何も出来ない自分に苛立っています。

一日でも早く被害がおさまりますように。。

毎日チェックしている東国原知事のブログからも悲痛な叫びが聞こえてきています。

知事という立場であっても、上からの大きな圧力には屈っせざるおえない心中を考えるといたたまれない気持ちになります。

それなのに、私のような地方の小さな片田舎に住んでいる人間に何ができるんだろう。

ネットをウロウロしていると、宮崎の酪農家の方が書いているブログ等がたくさんあります。

ニュースでは伝えられていない現場の状況が語られています。

それを目にするたびに胸が詰まる思いがしています。



私がお邪魔した「このはは」さんのブログの記事を転記させて頂きます。
ご本人に了解を伺ったところ、多くの方に宮崎の現実を知ってもらいたいのでお願いします。とのことでした。

では・・・







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
5月10日の日記。

全国のみんなに現状を伝えて欲しい。

今日も6軒の仲間が消えて行った。1人は10年以上の付き合いになる。

熱いヤツで、

「これからはJAや問屋を通してじゃなく、農家自身が消費者に訴え

かけれるものを作って行かなきゃ!!」 が口癖のヤツだった。

口ばっかりでなく、勉強熱心で努力家だった。

もう廃業するしかない。



口蹄疫発生当初から現場が放出を要望してる消毒剤がある。

ビルコン。

ドイツのバイエル製薬の消毒剤。

殺ウイルス力が強く、開発された当初から『世界のウイルス性伝染病

が半分になる』とまで言われた消毒剤。

今使われている逆性石鹸系の5000倍の殺ウイルス効果を持ち、

塩素系なので散布後長時間ウイルスを抑える。

さらに人や牛への害が少ない。



10年前の口蹄疫の時は初動で2000本、1カ月で10000本の

ビルコンが国の財源と指導の下、配られた。

口蹄疫ウイルスより感染力の強い鳥インフルの時もこれを

大量に散布し封じ込めた。



このビルコン、今年4月半ばからのアイスランドの噴火による

ヨーロッパの空港閉鎖で国内の在庫がかなり少なくなっていた。

そこに口蹄疫。在庫の奪い合いになり、一瞬で無くなった。



だが全国の農政局に合わせて5000本の家畜防疫用のビルコンのストックがある。

俺も初めはこれが放出されるものと思っていた。

鹿児島の徳田議員が農水省に放出を要請、

「非常時用のストックで、非常時かどうかは大臣が判断する」 との解答。



俺も農水省の友人に聞いてみた。

が、「大臣にしか権限が無い。俺達農水の職員もおかしいと思う。

でもどうにもできないんだ…」と。

が、大臣は一切対応を見せない。



バイエル製薬の知人によると、

アイスランドの噴火による空港制限は続いていて、限られた飛行枠では旅客機優先。

貨物機はほとんど飛べない。



今、中国や韓国も口蹄疫対策に国を挙げてビルコンの確保に乗り出している。

中国はイベリアの貨物船をチャーターし、エジプトまで海輸し
貨物機を飛ばし1万本を確保。



韓国は火山灰の影響が少ない空軍の大型輸送機を飛ばし1万5千本を確保した。

国を挙げての体勢に、日本の薬品卸会社じゃ買い付けの時点で太刀打ち出来ない。

それでも、バイエル日本支社の社長が必死になって確保した 1500本のビルコンを確保した。



が… 、5月3日に日本に届いたビルコン1500本、

『口蹄疫はアジア全体に蔓延しており、日本一国の問題ではない』と

小沢と岡田が500本を韓国・中国に無償で提供…。

さらに500本を小沢の地元の東北に…



九州に来たのは500本のみ。

そのうち250本は数万頭規模の大手が独占。

宮崎1区の河村議員が宮崎の選挙支援した農家に50本を横流し。

最終的にJA川南に届いたのは20本のみ。

発生農場の入り口で使うくらいで、焼け石に水だ。



現在川南では消毒剤が枯渇し、消毒効果の薄いハイターや酢まで持って来て散布している。

牛・豚・羊にとって最大の脅威とされる口蹄疫。

それに素手で立ち向かう様なもの。これでは、ウイルスは拡散していくばかり。


昨日の夕方、岩手の農家から電話があった。

『小沢議員が確保し、部会に届いたビルコン20本を●の所に送りたい』

涙が出そうになった。

もし岩手まで口蹄疫が攻めて来ないとも限らない。

それでも、俺達仲間を支援したい。



最近、東北の和牛が躍進しているのは“第一花国”“菊安舞鶴”“菊福秀”“平忠勝”と

言った種牛が出てきたから。

でも、どれも東北の“菊谷”と言う血の濃い血統。

交配する為に宮崎や鹿児島の雌牛を飼っている。

逆に宮崎は宮崎の血統とは離れた東北の血統を導入している。

うちにも東北のみならず全国から来た牛がいる。

全国各地でうちで産まれた牛が活躍している。

和牛の育種・生産は100年もの間、ライバルである産地同士で

力を合わせる事で成り立って来た。


一部の小沢の取り巻き達が考えるように一朝一夕で成り立ってきた産業じゃない。

俺達の繋がりナメるな。


この20本を使えば、俺を含め仲間内の農家10軒を当分の間守りきれる…

俺も喉から手が出るほどほしい。



…でも、これは全て川南に送ろうと思う。

口蹄疫の爆心地…、

仲間達が毎日倒れていく。

これで1人でも仲間が助かれば…、

1頭でも多くの牛や豚が生き延びれば…。



今、宮崎に続々と全国各地の農家から消毒剤が届き始めた!!

誰もが『政府が消毒剤を配布するだろう』そう思っていた。

でも、20日間もの間、政府は見て見ぬふりのまま毎日沢山の仲間が倒れていく。



もう宮崎だけの問題じゃない。

佐賀の肥育農家の部会から、熊本の酪農家から、阿蘇のチーズプラントから、

大分の若手繁殖農家の勉強会から、

鹿児島の種畜場から、兵庫但馬の育種部会から、伊賀松阪の肥育部会から、

山形の大手牧場から、

種子島、沖縄、石垣島、山口、広島、島根、鳥取、京都、愛媛、香川、

愛知、岐阜、新潟、群馬、長野、栃木、青森、北海道…

みんな、いつ自分の所に口蹄疫が来るかわからない。

でも、ストックしていた消毒剤を放出した。

宮崎の仲間の為に!!口蹄疫と闘うために!!

これでやっと武器が届く!!

戦える!!

うちの●●がシンガポールでビルコンを150本確保した!!

あと、5日もすれば日本に届く。全てを川南にぶち込む!!誰にも文句は言わせない!!!



イギリスの口蹄疫リファレンスセンターが余りの日本政府の対応の悪さに、

ドイツのバイエル本社に要請をかけた。

MarkShuwalut常務の計らいで後10日で2000本のビルコンが届く!!!!

そうなれば、いや、それが本来の防疫体勢。

それまで、みんな持ちこたえてくれ。

これを乗り越えて、またみんなで宮崎の畜産を再興させることが

全国の仲間への一番の恩返しになるから!!








別の方の5月10日の朝の日記

「朝4時。2時間しか寝てないのに目が覚める。

牛舎に入り、1頭1頭ヨダレは出てないか、水泡は出来てないか、

びくびくしながら見て回る。

最後の1頭を見て、

「あぁ、良かった。今日も出て居なかった。」とため息を付く。

それから2時間の消毒作業。念入りに隅から隅まで消毒をする。

もう、消毒剤も残り少ない。

それが終わると餌やり。本来の餌の量よりちょっとだけ多めにやる。

もしかしたら、今日が最後の餌やりになるかもしれないから。

ちょっと気の荒いヤツ、臆病なヤツ、おとなしいヤツ…

色んなヤツが色んな顔で楽しみに餌を待ってる。

みんな子牛の時からミルクを与え、餌をやり、病気をしたら治療して…、

うちの牛はみんな自分の子供だと思ってる。

昨日発症した川南の農場…

うちの牛が行ってる。

年間100頭以上の子牛を売るけど、みんなどんな子でどこに行ったか覚えてる。

人慣つっこくて、元気な子だった。


もうすぐ、薬を射たれ殺される。



朝食を取る。もう冷蔵庫には味噌と煮干しかない。買い物にすら行けない。

米だけは大量にあるが

時間も無いんで簡単に朝食を済ます。

携帯が鳴る。

1日に何度なるだろう。その度にびくびくする。

電話に出る。

「○○んとこが出た…」電話の向こうで泣くように叫ぶ。

…大学の同級生だ。

明るくていつもバカばかり言ってるヤツだった。

卒業して、2年会社努めをして、実家を継いだ。

規模を拡大し、いい牛を出していた。熱くて、一生懸命なヤツだった。

口蹄疫。もう、廃業するしかない。

雌の子牛は大体40万くらいする。

それを買って、種を付けて、10月して子牛が産まれ、3年手塩にかけて

育て上げてやっと肉になる。

牛舎が1000万、機材が500万、機械が1000万、母牛が100頭で4000万、回転資金が1000万。

全頭殺処分。

補償金は母牛の4000万の4/5、3200万のみ。

莫大な借金のみが残る。

口蹄疫を出したら5年は牛を入れられない。

口蹄疫が出た牛舎や農場の機材や機械は、同業者には敬遠され、売れない。

一昨年、結婚して、

子供が出来て、仕事にさらに熱くなり、

飲む度に子供の自慢ばかりして、

「お前も早く子供作れよ」と笑っていた。

もう廃業するしかない…。

子供と奥さんを守る為に離婚するだろう。

もしかしたら…

ソイツに電話してみたが、電話には出ない。

俺には今ソイツの所に行ってやる事もできない。

何もしてやれない。

涙が止まらない。



今は自分を守る事しかできない。

毎日、何人もの仲間が消えていく。

今、仲間内で電話で話すと必ず言う言葉がある。

“仇、討とうな”

消えていくヤツはみんな一生懸命で、牛を愛するヤツばかり。

俺達が口蹄疫から生き残り、いい牛を育ていい肉をつくる、

消えて行ったヤツラが愛し作り上げた宮崎の畜産業と血統を守る。

それが仇討ち。

俺達に出来る事はそれしかない。



これが、報道されない(させていない?)宮崎の現状です。




みなさん、助けてください。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆







以上、2つの日記を転記させて頂きました。

今や被害の拡大がすすみ、種牛も殺処分の危機にさらされています。

どうにか残すことは出来ないんですかね?

やはり法律には逆らえないんですかね?

全てを失った畜産家の方から希望の光さえも奪わなければならないんでしょうか?


「消えて行ったヤツラが愛し作り上げてきた宮崎の畜産業と血統を守る」


なんとかしてあげることはできないんでしょうか。。
[PR]
# by nussy3 | 2010-05-27 04:31 | Comments(2)

おめでとうございます!

今日、ひさびさに兄に会いました。

兄からの第一声は「彼に2人目が産まれたんだってね。おめでとう!」

「えっ?あ、ありがとうございます。。」と丁寧にお礼を言うぬっしー。


なっ、なんで私が「ありがとう」って言ってる訳さ!?(笑)


違うよ!私だって「おめでとう!」って言う方の立場なんだって!


直人さん、おめでとうございます!!


兄には、代わりにお礼の挨拶しておきましたからね~。。


でも、ひさびさに会ったのに第一声が直人関連って(汗)

それ以外の話題は無いのか、この兄妹!


その後、姉とも合流しまして、みんなで夕飯を食べました。

なかなか、みんなで会うってことがないので久々に夜遅くまでワイワイしてました。

ぬっしーの姉の名前は「きょーこ」なんです。

これがもう~、しぬほど羨ましくてね~(笑)

須賀ちゃんと出合った頃の私は、どうにか名前を交換してもらえないものか悩んだものでした。

でもその後、姉にも須賀ちゃんの「きょ~こさん♪」で即死してもらおうとラブレボのDVDを貸しまくったんですけどね~、なかなか落ちてくれなくて(汗)

「きょーこ」という名前を持ちながら、なんて勿体無いことを・・・と嘆き悲しんだぬっしーでした。

猫に小判?ぶたに真珠??

あ~、もったいないオバケが出てくるぞ~!と真剣に思ったものでした。


そんな過去のわだかまりも消え(←大袈裟な?)

仲良くおしゃれイズムも一緒に見ました。

そうそう!マツコさん・・・あなたには期待していたのに~!(笑)

もっと直人さんといろいろ絡んで欲しかったわ~。

やっぱりスポンサーさんに気をつかって普段より若干ひかえめだったのかな?

きっと直人さんをいじってくれると思ってたんだけどな。。

あっ、もしかしてカットになってたとか?

「直ちゃん!」の一言に全てが集約してましたけどね!(笑)

More
[PR]
# by nussy3 | 2010-05-24 04:18 | Comments(0)